ネオス株式会社 - Neos corporation

ディスクロージャーポリシー

ディスクロージャーポリシー

  • 情報開示の基本方針当社は、株主・投資家を始めとするステークホルダーの当社に対する理解を促進し、経営に関する情報開示と透明性確保に努め、当社に関する重要な情報の適時かつ適切な開示を行います。
  • 情報開示の基準当社は、金融商品取引法等の諸法令、東京証券取引所の定める適時開示規則に基づき、公平かつ迅速な情報開示を行います。また、諸法令や適時開示規則に基づく開示対象に該当しない情報であっても、ステークホルダーによる当社の理解に有用であると判断される情報につきましては、積極的な開示につとめます。
  • 情報開示の方法当社が適時開示規則に基づき開示する情報は、東京証券取引所が提供する適時開示情報伝達システム(TDnet)を通じて開示します。また、TDnet等で開示した情報は、速やかに当社ウェブサイトに掲載を行います。
  • 沈黙期間当社では、決算情報の漏えいを防ぎ、公平性を確保するため、決算期日の翌日から決算発表日までを沈黙期間としています。この期間中、決算に関する質問への回答やコメントは差し控えることとしています。ただし、この期間中、適時開示規則に基づき開示が必要となる業績予想値の差異が生じることが判明した場合には、速やかに開示を行います。
  • その他当社ウェブサイトにおける情報のご利用にあたっては、本ディスクロージャーポリシーのほか、別途掲載している免責事項もあわせてご参照下さい。
ページ先頭に戻る