ネオス株式会社 - Neos corporation

FinTech

さまざまな業種・業態における金融面のICT化を支援するFinTech事業を展開

社会におけるICT活用がますます進むなか、ビジネス分野の金融面におけるICT化を支援するFinTechプロダクトを提供しています。
法人と個人の資産を一元管理するクラウド型資産管理サービスや、ハウス電子マネーをアプリに格納することでモバイル決済と店舗集客を同時に可能にする決済サービス基盤など、多様な業種・業態における金融面のICT化を当社の技術で支援しています。

未来会計

法人とオーナー個人の資産を一元管理、未来の資産シミュレーションを可能に

整骨院の経営支援を行う業界最大手、株式会社リグアとネオスが共同で企画・開発した、オーナー企業向けのクラウド型資産管理サービス。
これまで「法人」と「オーナー個人」の資産を切りわけて機能させてきた会計と経営をひとつにつないで資産情報を一元管理し、会社の予算と実績を可視化し分析することで最適な目標と運用手段、達成度をタイムリーに把握することができます。
また、業界平均値データと比較することで、自社の強みと弱みを分析して対策に役立てることも可能です。

主な特徴

■さまざまな数値をタイムリーに把握できる数値管理機能

予算管理、KPI&KGI、収支計画、資金繰りなど会社の予算と実績を分かり易くビジュアル化し、最適な目標と運用手段、達成度をタイムリーに把握することができます。また、未来の資産を予測可能にするだけでなく、収支計画の作成から行動計画への落とし込みへのサポートや、業界平均値データと比較することで自社の強みと弱みを分析することも可能です。

■法人・個人すべての資産情報を一元管理

未来会計bildは、法人だけではなくオーナー個人の資産管理も行うことができます。個人と法人の資産情報を一元管理することで、密接につながっている個人資産と会社の資産・業績を複合的にシミュレーションすることを可能にします。さらに、オーナーが引退した場合など、さまざまな条件を基に個人資産のシミュレーションをおこなうことにより、保険の見直しや相続の準備などを計画的に実行することができます。

活用例

①○○年後の目標を実現させるために具体的な計画を作りたい

→過去の売上などの実績と伸び率から、既存事業の成長予測や新規出店計画の業績予測が可能です。いろいろなパターンを比較し、長期目標を見据えた事業計画の作成ができます。

②引退後の資産設計を考え、具体的に行動を起こしたい

→法人個人の垣根を超えてすべての資産を一元管理できるため、社の業績予測から、株式や退職金などのオーナー個人の将来資産をシミュレーションし、引退後の資産設計を可能にします。

未来会計に関するご質問・ご相談等はこちらからお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

ページ先頭に戻る