ネオス株式会社 - Neos corporation

沿革

2004.04
プライムワークス(株)設立。代表取締役社長に池田昌史就任。
2004.08
(株)セルシスと共同で携帯コミック配信ASPサービス「コミックDC」へサービス提供を開始。
2004.09
シャープ(株)に対する第三者割当増資を実施。
2005.07
シャープ(株)と共同で携帯電話きせかえサービス『カスタモ』を開始。
2006.04
ボーダフォン(現ソフトバンクモバイル(株))向け携帯電話用電子ブックビューワーのライセンスを開始。
2008.05
東京証券取引所マザーズへ上場。
2008.11
健康管理サービス『au Smart Sports Karada Manager』の提供開始。
2009.08
(株)NTTドコモ、KDDI(株)に対する第三者割当増資を実施。
2009.09
子会社スタジオプラスコ(株)を設立。
2011.02
アドビ・システムズ社推進の「Open Screen Project」に「スケーリング・パートナー」として参加。
2011.09
スマートフォン版キャラクターコンテンツ配信サイト『カスタモ』のサービスを展開。
2011.10
docomoスマートフォン向けに「アニエモ」技術のライセンスを開始。
2012.01
東京証券取引所 市場第一部へ市場変更。
2012.06
グループ統合によりネオス(株)に商号変更。
2012.09
docomoの写真・動画ストレージサービス ドコモクラウド「フォトコレクション」の開発を支援。
2012.10
テクノロジー企業成長率ランキング 第10回「日本テクノロジーFast50」を6年連続受賞。
2013.02
docomoが発売するスティック型デバイス『SmartTV dstick 01』を企画・開発、製造。
2013.03
無料通話・無料メールスマートフォンアプリ「LINE(ライン)」で スタンプの配信を開始。
2013.09
特化したクラウドアドレス帳サービスを新たに開発 法人向け【SMART アドレス帳】を提供開始。
2013.10
docomoのスマホ向け新サービス『dキッズ』のスタートに合わせてコンテンツ提供を開始。
2013.11
Passbook 対応サービス 「STOREPASS」の事業を取得。12 月より導入社40社に対し【neoPass for Coupon】として提供開始。
2014.05
ボディメイクサポートアプリ【RenoBody】を提供開始。
2014.11
新たな法人マーケットに参入 IDCフロンティアと業務提携し【4U CLOUD】サービス開始。
2015.05
スマートデバイスの企画・開発・製造を行う(株)ジェネシスホールディングスと業務提携契約を締結。
2015.06
メガハウスが新たに発売する本格子ども向けタブレット端末「tap me 2(タップミー2)」端末およびアプリを開発。
2015.06
プリペイドカードサービスの国内最大手企業 (株)バリューデザインの株式を取得するとともに業務提携契約を締結。
2015.09
ムーミン公式ファンクラブサービスを開始。
2015.10
(株)ジェネシスホールディングスの株式取得により持分法適用関連会社化。
2015.11
法人向けチャットサービス【SMART Message】を開発、サービス提供を開始。
2016.04
ダイエット歩数計アプリ【RenoBody】がイオンの共通ポイントサービス「WAON POINT」の提携先に採用
2016.12
LINEなどの主要チャットサービスに対応したチャットボット基盤【SMART BOT】を開発。
2017.01
店舗独自の電子マネーをカードレスで発行できる【ValueWallet】の提供を開始。
2017.03
【クレヨンしんちゃん お手伝い大作戦】を開発  ドコモの知育サービスに提供開始。
2017.03
ベトナム現地法人「Neos Vietnam International Co., Ltd」を設立。
2017.08
位置情報センサーとIoTを活用した「スマートキッズカート」実証実験を開始。
2017.09
独自の画像認識AIと【SMART Message BOT】による「画像認識AIプラットフォーム」の提供を開始。
2017.11
歩数計アプリ【RenoBody】法人向けソリューションとして提供を開始。
2018.03
(株)ジェネシスホールディングスを連結子会社化。
2018.07
(株)セールスフォース・ドットコムのコンサルティングパートナーとして認定。
2018.09
(株)ジェネシスホールディングスが製造を受託した、ソースネクスト(株)の次世代通訳機「POCKETALK® W」が発売。
2018.09
全国展開のコーヒーショップ「上島珈琲店」アプリでキャッシュレス決済サービスを提供開始。
2018.11
(株)ジェネシスホールディングスがJapanTaxi(株)のタクシー業界初「決済機付きタブレット」を共同開発・製造。
ページ先頭に戻る